ビジネスのスタートを彩る、紙の名刺入れ

ビジネスの出会いは名刺交換からはじまり、自分で見るよりむしろ見られていることの方が多い名刺入れは、「自分らしさ」を表現できるアイテムといえます。

色とデザインが豊富な紙は、名刺とおそろいの色でマッチさせたり、ロゴやコーポレートカラー、自分のビジネスに合わせたイメージカラーなど、ブランディングという面においても、統一感をだすことができます。

また、ネクタイやアクセサリーを選ぶように、シーンや服装に合わせたり、その日の気分に合わせて選べたら、人との出会いもより楽しいものに。

「これ、紙なんですか?」と、ちょっとした会話のきっかけになったり、贈る方をイメージしてカスタムメイドできるため、特別なプレゼンとしても喜ばれています。

「ビジネスのスタートを、その人らしく彩る」そんな名刺入れを目指しています。

「KAMIKA」は、フランスの伝統厚紙工芸「カルトナージュ」の製作手法をベースに、現代の生活スタイルに寄り添ったアイテムを提案する、ハンドメイドの紙製プロダクトです。 紙ならではの優しい風合い・質感。色のバリエーションやユニークさを追求したオリジナルデザイン。表現の自由度が高い紙だからこそできる、唯一無二のパーソナルアイテムをお作りいたします。

ブライダルショップの資材の買付けに行ったパリで「カルトナージュ」に出会って約15年。本を見ながら作り始めた「小さな紙箱」から、ものづくりは始まりました。「KAMIKA」というブランド名は、紙(KAMI)と名前を組み合わせたものです。

クラウドファンディング動画KAMIKA