大分合同新聞GXビジネスvol.109に、
記事掲載いただきました。
テーマは付加価値を高める「組み合わせ」の力。

KAMIKAは2018年6月スタートし、その3ヶ月後
Makuake(マクアケ)さんでクラウドファンディング。

それから3年間、いろいろ試行錯誤をしながら、
4年目を迎えることができました。
皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

記事では、今年4/30にスタートした、青森県の
yamajuさんとのコラボを取り上げていただきました。
紙の色で表現する、十和田湖の大自然の色。
初夏や紅葉など、旅を思い出す、名刺入れです。
https://kamikacraft.com/2021/05/01/collaboration/

7/30には、By Emotionさんのパートナーに。
https://byemotion.jp/collections/makers

ご自分で色の組み合わせが選べます。
https://kamikacraft.com/2021/08/02/byemotion/

紙の名刺入れの特長は、やはり「色」にあります。

自分の好きな色は、元気をもらえますし、
最近は、贈り物としてご利用下さる方も多く、
先日、「名刺入れ、とても喜んで頂けたので、
私もハートがポカポカになりました~」と
なんとも嬉しいメッセージをいただきました。

贈る方が喜んでくれそうな色を考える。
(考えてもらえるって素直に感動ですよね)
モノに、さらにその人らしさ(色)が加わると、
気持ちがより一層、伝わるようです。

そして、

名刺入れ製作時の仕事道具

大分合同新聞GXビジネスvol.128、
「私の相棒」コーナーに、名刺入れを作る時の
道具をご紹介いただきました。写真には写って
いなかった10年近く一緒の大切な相棒たちです。

これからも、大分県の小さなアトリエから、
皆さんの気持ちをカタチにしてお届けいたします!